ボタンタイトル概要
複数のスタイルクラスをまとめて操作するには?(ngClass) | Angular TIPSスタイルシートとして定義した複数の対象クラスのスタイルを、任意の要素のclass属性にまとめて着脱できるngClassディレクティブの基本的な使い方を説明する。
Kerasを用いたディープラーニング(LSTM)による株価予測 | ディープラーニング習得、次の一歩ディープラーニングのチュートリアルが一通り終わったら、次に何をやる? 今回は、誰にでも簡単にできる「株価予測」をテーマに、LSTMのニューラルネットワークを、Kerasを使って実装する方法を説明する。
UbuntuでのGPUディープラーニング環境の構築【Ubuntu 16.04 LTS対応】 | AI・ディープラーニング環境構築入門GPUを活用したTensorFlowやChainerによるディープラーニングを実践するための環境をUbuntu上に構築する際の選択ポイントと手順を説明する。
.NET Standardなライブラリプロジェクトを作成して参照する | C#による.NET Core入門(5)クロスプラットフォームで開発できる.NET Coreの基礎から開発実践までが学べる入門連載。5回目は.NET Standardなクラスライブラリなプロジェクトを作成し、別のコンソールプロジェクトから参照する方法を説明する。
数値(単数/複数)によって表示を切り替えるには?(ngPlural) | Angular TIPSAngularで数値によってテキスト表示内容を切り替えるための、ngPluralディレクティブの基本的な使い方を説明する。
機械学習に必要なスキルセット | Build Insiderオピニオン:吉崎亮介(2)機械学習は全員が同じことを学べばよいわけではない。ビジネスサイドとエンジニアサイドに分けて、それぞれどういう目的で、どのようなスキルセットが必要なのかを説明する。
条件式の真偽に応じて出力を切り替えるには?(ngIf/else) | Angular TIPS与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブで用いる、「さもなければ」を意味するelse句と、テンプレートとして別出しするためのthen句の、基本的な使い方を説明する。
条件式に応じて要素を表示/非表示にするには?(ngIf) | Angular TIPS与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブの基本的な使い方を説明。また、ngIfディレクティブによる表示/非表示の挙動の特性と注意点も示す。
機械学習の作業がはかどる新ツール「Workbench」とは? TensorFlowやAWSも使える。Microsoft Tech Summit 2017 | Deep Impressionマイクロソフトが提供する機械学習向け新サービス&ツール。Azure、AWS、GCP、オンプレスミスなどに対応。TensorFlow、Chainerなどのディープラーニングフレームワークに、PyCharmやVisual Studio Codeなどのコードエディターも使える。
複数の要素を繰り返し出力するには?(ngFor) | Angular TIPS配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)と、ダミーのコンテナー要素(<ng-container>)を使うことで、複数の要素群をまとめて繰り返し出力する方法を説明する。
配列の内容を順に出力するには?(ngFor) | Angular TIPS配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)の基本的な使い方を説明。また、ngForディレクティブで利用できる特殊変数についてまとめる。
身の回りの3D物体を認識して、そこにAR(拡張現実)オブジェクトを表示する方法(Wikitude活用、Android編)[PR] | Wikitude SDKで「AR(拡張現実)」スマホアプリをお手軽開発[PR]市販のドレッシングボトルを映せばレシピが提案されるアプリを、物体認識型ARで開発。物体ターゲットを認識すると、その物体空間に合わせてARオブジェクトを表示し、それをタップするとレシピページにジャンプする。
要素に適用するスタイルクラスを操作するには?(Class Binding) | Angular TIPSスタイルシートとして定義した対象クラスのスタイルを、任意の要素のclass属性に簡単に着脱できるClass Bindingの基本的な使い方を説明する。
Windows Subsystem for Linuxを使って「開発」をしてみよう | Windows上のBashシェル入門【Windows 10 Fall Creators Update対応】(2)WindowsとWSL(Windows Subsystem for Linux)の間でファイルシステムを上手に相互運用するためのヒントや、WSLを活用してクロスプラットフォームな開発を行う方法を説明する。
Windows Subsystem for Linuxとは? そのインストールと使い方 | Windows上のBashシェル入門【Windows 10 Fall Creators Update対応】(1)Fall Creators Updateで正式版として提供されることになった「Windows 10上で動作するLinuxサブシステム」によるBashシェルの基礎を理解・マスターすることをゴールとして、Windows Subsystem for Linux(WSL、旧称:Bash on Ubuntu on Windows)の概要から、インストール方法までを解説。また、よくある疑問をQ&A形式で短くまとめる。
インラインフレームに外部リソースをバインドするには?(Property Binding) | Angular TIPSセキュリティの観点からデフォルトではiframeのsrc属性やobjectのdata属性にはプロパティバインディングできない。これを回避して信頼できる値としてバインディングする方法を説明する。
これから始める人のための最新Cognitive Services入門 | Web APIで簡単に使えるAIサービス「AIの民主化」、全エンジニアがAIを活用する時代を迎えようとしている。多彩なAIサービスをWeb API形式で提供するCognitive Servicesでは何ができるのか? この記事で必要十分な基礎知識を素早く獲得しよう。
スタイルプロパティに単位付きの値を設定するには?(Style Binding) | Angular TIPSStyle Bindingの「[style.スタイルプロパティ名.単位] = "式"」というバインディング構文によって、要素に対する任意のCSSスタイルプロパティに単位付きで値をバインドする方法を説明する。
要素のスタイルプロパティを操作するには?(Style Binding) | Angular TIPS「[style.スタイルプロパティ名] = "式"」というバインディング構文により、要素に対する任意のCSSスタイルプロパティに値をバインドできるStyle Bindingの、基本的な使い方を説明する。
AR(拡張現実)開発を始めよう! 複数ターゲットの認識と、距離・角度の把握(Wikitude活用、iOS編)[PR] | Wikitude SDKで「AR(拡張現実)」スマホアプリをお手軽開発[PR]2人の相性を写真から診断するアプリを、画像認識型ARで開発。ターゲット写真を認識してARオブジェクトを表示し、2枚のターゲット間の距離と角度が一定の条件内になれば診断を開始する仕組みだ。